「風の蔵」について

 


『古民家ギャラリー・風の蔵』は、芭蕉の『奥の細道』の名句「閑さや岩にしみ入蝉の声」でおなじみの山寺にあります。
ここ山寺の『風雅の国』には、和風レストランや土産処、大広間や和室などの施設があり、その敷地内の古民家ギャラリーとして『風の蔵』はオープン致しました。

『風の蔵』に利用している民家は、山形県東田川郡朝日村田麦俣より移築された山村の「縦屋」民家です(旧伊藤家住宅)。田麦俣は多層民家が存在するところとして良く知られていますが、そのほとんどは「横屋」づくりと言われる民家です。ところが、この旧伊藤家住宅があった大鳥川流域の砂川という地域では、このような「縦屋」づくりの民家が多く分布し、かなりの年代が経ていることがわかりました。この民家には、移築のための解体を行う際に木材に墨書きが見つかり、寛保元年(1741年)の上棟で約260年もの年月が経過していることが分かりました。(移築の際には、最小限の修復補強の手が加えられております。)
『古民家ギャラリー・風の蔵』では、雪深い山村の民家の特色のある古い姿もご覧いただけます。

   

 

全国から、興味ある作家の作品を船田浩がプロデュースいたします。

 

 
  山形市内のギャラリー『クラフト・トゥデイズ』そして寒河江の自宅ギャラリー『風の家』で培ってきた感覚と実績をもとに、これからも全国から興味ある作家の作品を船田浩がプロデュースしていきます。
この古民家を生かした『風の蔵』で、作り手の作品の良さがより引き立つように、そして時折々の季節感のある作品をご覧いただけるように心がけております。
また、全国の作家の方々からの作品展希望も募集しております。作品を通して造り手と使い手の橋渡しが出来れば幸いです。電話連絡の上、作品や資料をお持ち下さい。

 
     
     
 

各種記念品やギフト商品をコーディネートいたします。

 

 
  『風の蔵』では、お気に入りの作家の作品や、イベントのイメージにマッチした各種記念品、ギフトをコーディネートいたします。
最近は、本当に喜ばれる贈り物を探している方が多くなりました。そんなあなたのご相談をお待ちいたします。ご予算、数、納期などお気軽にご相談下さいませ。 (手作りの作品の為に、ある程度の製作日数を頂くことになります。)
 
     
     


Kaze no Kura